Wednesday, June 15, 2022
HomeJapanese NewsBinance Labs(幣安実験室)、新ファンドを5億米ドル調達でクローズ——ブロックチェーン、Web3、価値創造技術に投資 | BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報

Binance Labs(幣安実験室)、新ファンドを5億米ドル調達でクローズ——ブロックチェーン、Web3、価値創造技術に投資 | BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報


Picture credit score: Inventive Commons / marcoverch

Binance(幣安)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門 Binance Labs(幣安実験室) は1日、DST World Companions、Breyer Capital といった世界有数の機関投資家の支援を受けて、5億米ドルの新ファンドのクロージングを発表した。

Binance は声明で、他の主要なプライベートエクイティファンド、ファミリーオフィス、企業もリミテッドパートナーとしてこのファンドを引き受けたと述べている。

声明によると、新ファンドは仮想通貨のユースケースを拡張し、Web3 やブロックチェーン技術の普及を推進できるプロジェクトに投資する予定だ。

Binance の創業者で CEO の Changpeng Zhao(趙長鵬)氏は次のように述べている。

Web3 の環境では、価値観、人、経済のつながりが不可欠であり、この3つの要素が集まってエコシステムを構築すれば、ブロックチェーン技術と仮想通貨のマスアダプションが加速されることになる。新たにクローズした投資ファンドの目標は、DeFi、非代替トークン(NFT)、ゲーム、メタバース、ソーシャルなどにまたがる Web3 を構築し、リードする可能性を持つプロジェクトや創業者を発見し、支援することだ。

2018年以来、Binance Labs は25カ国以上の100以上のプロジェクトに投資し、インキュベートしてきた。そのポートフォリオには、1inch、Audius、Axie Infinity、Dune Analytics、Elrond、Injective、Polygon、Optimism、The Sandbox、STEPN など、業界をリードするプロジェクトが含まれる。

「インキュベーション」「アーリーステージ・ベンチャー」「レイトステージ・グロース」という3つのステージで投資を行う予定である。

  • インキュベーションでは、Binance のリソース、専門家、メンターのネットワークとプロジェクトを結びつけ、製品開発と成長を成功に導くことを目的としている。インキュベーションプログラムを定期的に実施しており、現在4期目の採択チームを支援している。
  • アーリーステージ・ベンチャーへの投資は、インフラ、DeFi、NFT、ゲーム、メタバース、ソーシャル、暗号採用プラットフォームなど、仮想通貨と Web3 の全分野にわたるトークンとエクイティへの投資を含んでいる。
  • レイトステージ・グロースへの投資は、Binance のエコシステムを強固な戦略的パートナーとして、Web3 エコシステムへのスケールアップやブリッジを目指す、より成熟した企業を対象としている。

1日発表された5億米ドルの投資ファンドは、3つのステージすべてにまたがるプロジェクトに割り当てられる予定だ。

【through TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。


  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」

無料メンバー登録



RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments